模様の家

本体価格

メルヘンチックな家

注文住宅というとまず思い浮かべるのが建築士事務所などの個人事務所ではないでしょうか。
実際にメディアなどに取り上げられるこだわりの住宅はこういった個人事務所や建築会社で建築されたものが多いのです。
しかし全国に支店を持つハウスメーカーでも注文住宅は建築可能なのです。
ハウスメーカーの注文住宅と建築士事務所の注文住宅では少し意味合いが変わってきます。
ハウスメーカーの場合土台となるマニュアルがメーカーごとに存在します。
このマニュアルに沿って設計士施工することで全国で一定の品質を保つことを目的としています。
このほかにも土台をそろえることで対応できるお風呂やキッチンなどの設備があらかじめ決められます。
大量に発注をすることでコストを抑えることができるのです。

ハウスメーカーでの注文住宅では金額を抑えようとした場合にはこの標準仕様の中から選択する必要があります。
標準仕様といっても数種類の中から選べる場合も多くすべてを標準仕様の中から選択してもほかの人と全く一緒になることはほとんどないというくらい豊富な種類の中から選ぶことができます。
ですから特にこだわりのない部分は標準仕様の中から選択することでコストを抑えることができます。
その中にどうしても気に入ったものがない場合やこだわりがあり商品を指定したい場合には追加の費用が発生してしまいますが自分の好きなものを選択することができます。
ただし建築会社と取引がなく用意不可能な商品の場合断られることや自分たちで段取りを求められることもあります。
とはいえハウスメーカーでもこだわりの注文住宅を建てることは可能なのです。