模様の家

間取りの種類

いすとテーブル

各家庭には家庭に応じた生活があります。
必要な内装も、エネルギーも、セキュリティシステムも異なります。
住人の個性にフィットした家を造る上で考えたい事と言えば「注文住宅」の建設です。
注文住宅とは依頼者がオーダーメイドで造る住宅の事です。
例えば防犯に気を付ける場合、現在では様々な家の建設方法が考えられます。
窓ガラスを重層構造にして割り難くする事も大切ですが、重要なのは鍵です。
外され辛い鍵を取り付ける事で侵入経路として危険度が高い「窓」を強固にする事が可能です。
また最も気にしたいのは玄関のドアですが、最先端の防犯セキュリティと言えば電子錠が挙げられます。
電子錠であれば簡単に破られる事はありません。
こうしたシステムは注文住宅を建てる時に取り入れる事が可能なのです。

アナログな方法で開けられる鍵は、どんなものでも時間をかければ解錠する事が可能です。
一方で電子錠は専用カードを使用しなければ開く事ができませんので、安全性が高いと言えます。
注文住宅に取り入れられるこうした防犯セキュリティは他に何があるのでしょうか。
お子様にお留守番を任せる上で取り入れたいセキュリティと言えば、ドアホンが挙げられます。
ドアホンを使用すれば扉を開けなくても訪問者の顔を確認する事ができますので安心であると言えます。
同じように屋内にいる住人が利用できる防犯システムと言えば、「施錠モニター」が挙げられます。
こうしたモニターを利用すれば、窓も含めて家の中で鍵がかけられていない場所を確認する事ができるのです。